ハンカチをご用意くださいんね!

墓地を選ぶ場合のポイント

人生を通じて何度も購入しないもので必要なものの一つに、墓地があります。墓地を選ぶ場合には、まず公営、寺院、民間それぞれの墓地に関する違いを知っておくことが大切です。これらは、価格にも差がある上、お墓を選ぶ自由度にも違いがあります。さらに、お墓を作る場合に気になるのは、工事費でしょう。墓石の価格や永代使用料などお墓を作る上でかかせない費用に関しては、細かい点までしっかり確認しておくことが大切です。お墓選びは、一度選択して、作ってしまうと、その後選択しなおすことが難しくなるので、必ず後悔をしないような選び方をする必要があります。そのためには、まずだれのためのお墓なのか、という点を基準にします。故人のための墓であれば、故人が生前好きだったものを中心にしてお墓作りやお墓選びを考えることになります。その場合、故人がどのような信仰をもっていたかも大切なこととなりますし、また、通いやすいかどうかという立地も大きなポイントになります。

さらに、故人の遺志が確認できる場合にはそれに沿った墓地作りが必要となります。また、自分にとって必要であるお墓の場合には、自分だけでなく、将来の子孫のことまで考えたお墓選びを行うことが大切です。こうして、墓地選びに関して情報が整ったところで、希望のお墓に関する費用が今度は問題となります。お墓の購入予算の確認です。おおまかな予算を立てることになります。費用に関しては、永代使用料や管理料が安いのは、いうまでもなく公営のものです。ただし、面積制限や特定の場所に建てられないという制限がかかることもあります。また、大型の霊園の場合んは、市街地から遠く離れている場合が多くなります。この点、民営のものの場合には、区画面積や設置場所、墓石のデザインなどが比較的自由で、故人や自分自身のお墓作りの計画がそのままいかせるものが多くなってきます。ただ、その一方で、公営のものと比較すると、永代使用料や管理料が高めに設定されています。さらに、寺院のものでは、寺院の維持や経営に関連した諸費用が寄付金やお布施として求められることが多い反面、法要などを行ってくれるために、各行事を別途依頼する手間が省けることになります。ただし、在来仏教に制限される場合があるので、他の宗教の場合には利用できなくなります。

以上のように、公営、民営、寺院によって墓地におけるメリットおよびデメリットは変わってきますで、十分に比較検討することが大切です。

2015年7月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
© 涙の墓地体験 2015.
Powered by WordPress | Theme by tarimon-notse